本文へ移動

正面玄関を飾るシクラメン 毎年冬を告げる使者を務めています。
緑の少ない冬に鮮やかな赤い実を付けて元気いっぱいな南天です。
冬枯れの院庭全景です。プランターには葉牡丹を植えます。
門松は毎年施設部長が竹や松を買って来て手作りで飾っています。
大門を入ると、冬も緑で迎えてくれるオモト。赤い実を付けてほしい!
院庭の池のテラピアを狙いに来たゴイサギの幼鳥です。羽が茶色。
冬の終り、成鳥になって現れたゴイサギ、羽が鼠色と白のツートンに。
降雪直後の院庭の雪景色。大門の外から見た風景です。
正面玄関から見た院庭。松の枝やサツキには重そうな雪でした。
1階病室より望む。名残のパラソルも不憫、芝生が雪原になりました。
鯉は温泉に入っていて元気ハツラツ、山茶花は凍えています。
藤棚は立派な鉄骨作り、大雪にも踏ん張っています。藁帽子欲しそう!
凍える寒さの中、健気にも生命の営みの強さをみせてるクロッカス
お日様色の福寿草、院庭では霜柱を持ち上げて花芽を出します。
医療法人超年会 上諏訪病院
〒392-0026
長野県諏訪市大手1-17-7
TEL.0266-52-1650
FAX.0266-52-6590
TOPへ戻る